歯周病


歯周病に侵された状態

歯周病とは、歯茎・歯を支える骨などの組織が、歯周病菌に
感染し炎症をおこす感染症で、一般的には歯槽膿漏と呼ばれる
病気です。
歯周病は日本の成人の80%以上の方がかかっていると
いわれ、世界的に見てもギネスに載るくらい
たくさんの方がこの病気に悩まされています。
初期ではほとんど症状はありませんが、放置すると進行し、
歯が揺れ始め、硬いものが 噛みにくくなり、最終的には
歯の位置が変わってしまったり、自然に抜けてしまう
恐れすらある恐ろしい病気なのです。

歯周病の進行

歯周病は進行の度合いによって次のように分けられます。

歯肉が赤く腫れ上がってしまい、
歯ブラシなどで歯肉から出血しやすくなります。

歯肉が赤黒くなってしまいます。
口臭がひどくなり、口の中が粘っこく感じられます。
この時点から歯を支える骨(歯槽骨)の吸収が始まります。

歯が動くようになり、咬みづらくなります。
歯肉に膿がたまり、急激な痛みが生じてしまうことがあります。
通常この状態から何らかの異常を感じ始めます。

歯槽骨が吸収されて、歯が支えられなくなります。
歯がグラグラ動いてしまい、自然に抜けてしまうこともあります。
この状態まで進行してしまいますと、歯の保存は
非常に困難となってしまいます。

歯周病が進行し、破壊されてしまった組織を
元の状態に戻すのは非常に困難です。
歯槽骨の破壊が起こる前の歯肉炎の状態で
治療を開始する事が非常に重要なのです。

歯周病と全身疾患の関連

歯周病は口腔内のみの疾患にとどまりません。
以下のような様々な全身疾患と深い関わりがあると言われています。
歯周病を適切に治療することが全身の健康を維持、増進することにつながります。

このように歯周病は口腔内のみならず全身の健康をも脅かします。
永く質の高い生活を送っていただくためにも歯周病はしっかり治療していくことが重要なのです。

歯周病治療の流れ


歯についた歯垢、歯石

歯周病の直接的な原因は歯垢(プラーク)です。
歯垢はバイオフィルムともいい、細菌の塊です。(詳細はこちら
このプラークが体液中のカルシウムを取り込んで石灰化していくと歯石となります。
歯石自体が感染源となる事はありませんが、プラークの温床となってしまいます。
歯周病治療の基本はこの歯垢を徹底的に除去することから始めていきます。


お痛みがある場合、その部分の消毒や洗浄を行い、
お薬をお出しして炎症を抑えます。

口腔内や歯肉、口腔清掃状態の検査、レントゲン写真の撮影を行い、
口腔内、歯肉の 全体的なチェックを行います。


説明の様子

現時点での状態をご説明致します。
その後担当衛生士から歯ブラシの方法などを丁寧にお話いたします。


治療の様子

歯科衛生士、歯科医師が専用の機械を用い、歯垢と歯石を除去し、
歯を磨きあげます。炎症の強い部位には歯周ポケットの消毒も
あわせて行います。

再度全体的な歯肉のチェックを行い、歯肉がどれくらい改善したか確認します。
歯肉の腫れや炎症が残っているようでしたら、必要に応じて更なる歯石の除去、
歯周ポケットの消毒を行います。

武蔵小杉デンタルクリニックの歯周病治療の特徴


最新型超音波治療機器



歯周病検査の様子です

前述通り、歯周病の原因は歯垢中の
歯周病原因菌(バイオフィルム)です。
歯石はこの歯周病原因菌の温床にはなりますが、
それ自体が感染源にはならないことが分かっています。
歯石は除去出来るのであれば可能な限り除去した方が
よいのですが、どんなに熟練した歯科医師、歯科衛生士が
治療を行ったとしても通常の方法では完全な歯石の除去は
困難であることも分かっています。

それにもかかわらず歯石の除去に固執してしまうと、
歯石のみならず健全な歯質や組織まで破壊しかねません。
これが従来の歯周病治療の痛みや 不快症状の原因なのです。

当院では歯周病治療の発祥の地で世界の最先端を行く
スウェーデン、イエテボリ大学歯周病科の
認定研修機関であるAFDにて研修を受けた専任の歯科医師、
歯科衛生士が最新の超音波機材を用いて治療に当たります。
しっかりとした知識を持った専門家が、最新機材を用いて
確実に歯周病の原因となるバイオフィルムの除去を
行うため、不要に歯や組織を傷つけることなく、
短時間で、効果的、無痛的に治療を行う事が可能です。

武蔵小杉デンタルクリニック