一般・小児歯科

当院では虫歯治療をはじめとした通常の治療は、
可能な限り健康保険内で行っております。お気軽にお問い合わせください。

虫歯治療

虫歯とは

口腔内の歯垢(プラーク)の中には多数の虫歯菌が存在します。
虫歯菌が食べ物の中の糖分を摂取・分解することにより酸を作り、この酸によって歯が溶けて
穴があいてしまう現象を虫歯と言います。

虫歯の分類と治療法

虫歯は進行状況によってC0〜C4の5段階に分けられます。

C0

特徴 虫歯の成りかけです。歯の表面に白濁などの変色を認めますが穴はあいていません。
治療法 歯を削る必要はありません。フッ素等を利用し、歯の再石灰化を促します。

C1

特徴 歯の表面のエナメル質にだけ穴があいたもの。痛みはありません。
治療法 最小限虫歯の部分を削り、コンポジットレジンと呼ばれるプラスチックで修復します。
*当院では削らずに経過をみることも少なくありません。

C2

特徴 象牙質まで達した虫歯です。冷たいものや甘いものにしみることもありますが、
無症状の事も少なくありません。
治療法 可能な限り最小限虫歯の部分を削り、
コンポジットレジンと呼ばれるプラスチックで修復します。
虫歯の範囲が大きく、コンポジットレジンによる修復が困難な場合は歯を削って型取りを行い、
歯科技工士によって作製された詰め物(インレー)を歯に装着します。

C3

特徴 象牙質まで達した虫歯です。冷たいものや甘いものにしみることもありますが、
無症状の事も少なくありません。
治療法 可能な限り最小限虫歯の部分を削り、
コンポジットレジンと呼ばれるプラスチックで修復します。
虫歯の範囲が大きく、コンポジットレジンによる修復が困難な場合は歯を削って型取りを行い、
歯科技工士によって作製された詰め物(インレー)を歯に装着します。


C4

特徴 虫歯により歯の頭の部分(歯冠部)がほとんど溶けてなくなり、根っこの部分しか
残っていない状態です。神経が壊死している場合がほとんどなので、
痛むことは少ないですが、歯自体が感染源となってしまっているため、
体の抵抗力が落ちた時に急激に腫れや痛みが出ることがあります。
治療法 多くの場合抜歯することになります。抜歯後放置してしまいますと様々な弊害が
生じることがあるので、何らかの方法で歯を補う必要があります。(詳しくはこちら

武蔵小杉デンタルクリニックの虫歯治療

極力歯を削らない治療を心がけます。

従来の虫歯治療は早期発見・早期治療を言われ、軽度の虫歯でも歯の切削を伴う治療が行われていました。
しかし、最近安易な治療介入によって虫歯の再発し、その際虫歯の範囲が拡大することにより
ご自身の歯が少なくなり結果歯の寿命が縮んでしまうというような事が分かってきました。

当院ではそのような虫歯の再発の悪循環を避けるため最新の虫歯の診断機器を導入し、
軽度な虫歯であればフッ化物やキシリトールを応用しながら慎重に経過観察を行うなど、
安易な治療介入を行わない様心がけております。またやむを得ず歯を削らなければならない場合でも、
ミニマルインターベーション
(歯の切削を最小限に抑えた虫歯治療)を心がけます。


最新機器 レーザー式う蝕検出装置ダイアグノデントペン

極力神経を残す治療を心がけます。

歯の神経がなくなると痛みは感じなくなります。
しかし、歯の神経を取り除くということは、
血管を含め歯髄全体を取り除くということを意味します。
そのため、神経を取り除いた歯は、血が通わなくなり栄養などが
届かず、やがて歯本来の抵抗力がなくなり、
枯れた木の枝のようにもろく欠けやすくなります。

また、再び虫歯になっても、それを伝えるセンサーを
失っているため、虫歯の発見が遅れてしまいます。
従って、歯の神経をとってしまうということは、
歯の寿命を短くしてしまうことに直結します。
当院では、このようなことを避けるため、極力歯の神経を保存する治療を心がけます。

小児歯科について

虫歯の治療で来る子供たちを増やしたくない。
歯医者さん嫌い…怖い…と思っているお子様が、「歯医者さんなんて全然平気!また来たい!」
「”歯”って大切なんだ」と 思ってくれるような小児歯科医療を目指して

子供にとって、むし歯の治療はとても嫌なものです。
当院では、お子様とのコミュニケーションを大切にします。
場合によっては最初の何回は治療せず、診療室の道具や雰囲気に慣れていくところから始めていくなど、お子様が怖がらず、 安心して治療を受けられるよう最善を尽くします。

また、ただ治療するのではなく、その子にとって今、本当に必要なことをその子の成長発育を考えて行っていきます。

治療だけではなく、年齢にあったブラッシング方法、お母様の仕上げ磨きの方法やおやつ指導、フッ素塗布などのむし歯予防処置や正常な永久歯列を作るために、歯並びについても必要であれば矯正治療を行っています。

子供のころからの虫歯予防の重要性

乳歯は生え変わるのだから治療は不要でしょうか。
そのようなことはありません。乳歯自体は将来的に生え変わりますが、お口の中の細菌の状態は大人になるまでずっと引き継がれるものです。

乳歯のときから虫歯になりにくい環境を通ってあげると、健康な永久歯が育成され、虫歯になりにくい丈夫な歯になります。

当院では歯科医院による専門的な予防処置はもちろんのこと、家庭でもできる虫歯予防のアドバイスを行っております。

家庭でできること

歯がはえてきたら、まず歯磨きの練習をしましょう。
毎食後30分前後に磨くのが良いです。就寝中は虫歯菌が活発化しますので特に就寝前の歯磨きには
念入りに磨いてください。 歯ブラシはヘッドが小さくて植毛がしっかりしているものを選んで下さい。
強い歯をつくるために、歯磨剤を正しく選んで正しく使うことも大切です。

※当院では、年齢や歯の生え方に応じ、歯科医院専用の歯ブラシや歯磨剤を紹介しています。
 お気軽にお尋ね下さい。

  <子供用ハブラシ>
一般のものよりヘッドが小さく、
細かいところまで 磨けます。
<歯科用歯磨剤(一般では販売していません)>
フッ素が配合されており、虫歯の予防効果があります。
低発砲、低研磨のため、お口の中に長くフッ素が停留し、
市販の歯磨剤より高い予防効果が得られます。
 

 

歯科医院で行う虫歯予防

通常の歯磨剤に含まれるフッ素濃度は1000ppm以下ですが、
当院では9000ppmと 高濃度のフッ化物を使用します。
これにより、さらに高い虫歯予防効果が期待できます。
虫歯予防の効果を持続させるために3か月から半年に一回の定期的なフッ素塗布をお勧めしています。
またフッ化物洗口剤と併用することにより、高い虫歯予防効果が期待できます。
*歯科医院で行うためのフッ化物歯面塗布剤やフッ化物洗口剤は医薬品のため、一般の販売はありません。
*予防処置にあたるため、通常保険は適用されません.あらかじめご了承ください。

予防処置の料金についての詳細はこちら>>

フッ素塗布
2,100円(税込)
  フッ素塗布+洗口剤(約3か月分)
3,150円(税込)
 
高濃度フッ化物歯面塗布剤   フッ化物洗口剤
当院で行うフッ化物歯面塗布の治療の流れ
  • 1、歯面清掃を行います。
  • 2、お子様の歯列にあうトレー(マウスピースのようなもの)を選び、
      薬液が入ったトレーをお口の中に挿入して、軽く噛んで頂きます。
  • 3、トレーを除去して終了です。30分ほどうがいは避けてください。
      *トレーを使用することにより、処置中もフッ化物が流れにくく、
       高い虫歯の予防効果が期待できます。

武蔵小杉デンタルクリニック